レディー

専門性の高い美容整形クリニックを見つけ出すテクニックとは

おおすすの埋没法

医師

傷跡が気になる人にうってつけ

鼻と同じくらい目立つ位置にある両目は、人目につきやすいのは確かです。それ故、ぱっちりとした印象の目元に憧れる人も数多くいます。ぱっちりとした二重なら、魅力ある瞳を作り出せるので、多くの人に好印象を与えやすいです。そんな目元に憧れを抱いてはいますが、整形治療に関して、気になることが満載なので躊躇してしまうことも。気になることとして上がるのが費用と施術痕のことが多いです。まず、二重の施術でも保険が適応外なので、高額な費用がかかりやすいです。全額治療費負担という重荷がのしかかってしまい、美容整形への足取りを重くしてしまいます。また、メスを使用した施術をイメージしてしまうため、キズ跡が目立ってしまうのかが気になります。二重を手に入れても、キズ跡がかえって気になってしまいそうで恐怖を抱いてしまう人も中にはいます。しかし、大阪の美容整形クリニックでは、二重に関する治療でそのような心配を抱かなくて済みます。

埋没法の治療内容とは

大阪にある美容整形クリニックでは、メスを使用した治療法の他に、切らないタイプの施術方を扱っています。埋没法という施術法で、医療用糸をまぶたに縫い付ける施術方法です。糸の力で、二重の状態を作り出すため施術にかかる時間が短めです。それに、切開をしているわけではないので、施術後に腫れの症状が現れにくいので、比較的早く日常生活に戻れます。施術自体も簡単な方法なので、特別費用がかかりにくいです。一度の施術で1万円前後の費用で済ませられるので、費用を1円でも安くして二重を作り出したい場合は、埋没法を利用するのが望ましいと言えます。

クリーム麻酔の力

切らない、腫れない、格安が揃った埋没法は施術前に施す麻酔はどのような方法で施すのか気になります。一般的に、麻酔は注射針を利用して施す印象を受けてしまいます。しかし、顔の中でも繊細な箇所であるまぶたは、裏側に眼球があるため、さじ加減を間違えてしまえば、眼球を傷つけてしまう恐れがあります。大阪の美容整形クリニックなら、注射針を使った麻酔を施さないです。麻酔成分を豊富に含んだクリームをまぶたに塗って30分程そのままにします。まぶたに麻酔の成分がゆっくり浸透してくれるので、糸を縫い付ける治療でも刺激を感じずに済みます。そのため、眼球の安全も確保されているので、失明や視力を落とすリスクを気にせずに治療が受けられます。

糸が緩んだら外す頃合い

糸を縫いつけることで、まぶたに二重のラインを作り出す埋没法ですが、施術後も糸はそのままにするのか気になってしまいます。実は、一定の間だけ糸をそのままつけた状態で生活をおくります。期間としては、二重のラインが出来るまでなので、人によっては糸を外す期間にばらつきがあります。特に、時間がかかるタイプとしては、まぶたが分厚いタイプの人です。厚めの皮となっている分、二重のラインを作り出すのにも長い時間を有してしまいます。ラインが生じた時点で、糸が緩んできます。時間とともに取れやすくなっていますが、取れたからと言って安心してはいけないです。ラインが整っているなら、特に気にせず日常生活をおくれますが、ラインが未完成の状態で糸が撮れてしまったら、再び大阪の美容整形クリニックで付けてもらうのが望ましいです。